ねっと副業奮闘日記

サラリーマンのネットビジネスでの副業。はたして成功するのでしょうか...
消費税分を値引きという宣伝はまずいらしい


いよいよ、4月から消費税が8%に変わりますが、ネットショップを運営していると、「消費税分値引き!」と言いたくもなりますが、それはダメなのだそうです。

先週も、バリューコマースから、「消費税率引き上げに伴う広告表示について」というタイトルのメールが届いていました。

「消費税の円滑かつ適正な転嫁を確保する」ために、「消費税分を値引きする等の宣伝や広告は禁止」なのだそうです。

「消費税還元セール」など、キャンペーンやディスカウントと消費税の関係がわかってしまうとダメなのです。

まあ、アフィリエイトはともかく、ネットショップは、何気に税込から税別に変えようとしても、カート・システムの使い方を忘れていたりして、スムーズに4月1日から切り替えるのは難しそうです。

そこで、いっそ「4月中は、価格据え置き!」なんて言いたくもなりますが、「消費税を転嫁しない旨の表示」とみなされそうです。

小さなお店には、なかなか大変な消費税率の変更です。
| ショッピングカート選び | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

ショッピングカートとしてのインフォカート
これまでショッピングカートの導入について、ショッピングカート選びの注意点では、ショッピングカートASPの紹介を、ショッピングカートのソフトを導入では、有償のショッピングカートソフトと、フリーのソフトを紹介しました。

今回は、少し変化球としてインフォカートを紹介します。インフォカートは、情報商材を扱っている人であれば、詳しいと思いますが、情報商材のモールのようなものです。ただ、今では物品も扱うことができるので、一般的なショッピングカートASPとしても利用できます。

インフォカート

情報商材は、個人でも比較的簡単に作ることができ、インフォカートへの出品の多くも個人のため、ホームページを見ると少し「怪しさ」を感じてしまうかもしれませんが、このインフォカートの決済システムは、個人でネット販売をしたい人には、とてもわかりやすくハードルが低いものとなっています。

まず、個人でショッピングカートのASPと契約したり、ショッピングカートのソフトを導入してクレジットカードの決済代行会社と契約しても、クレジットカードの加盟店審査が厳しくなっているので、導入できない可能性がありますし、審査に何週間も待たされます。しかし、インフォカートの場合、契約して、その日のうちに商品を出品して、クレジットカード決済も利用できます。

初期登録料として、5,000円(税込)かかりますが、最初の1回のみで、その後は月々の利用料もかかりません。

情報商材やソフトウェアを販売する場合、ダウンロード販売が有効ですが、ショッピングカートASPではダウンロード販売に対応しているものが少なく、対応している場合でも、クレジットカード決済の手数料や月々の利用料が上がってしまうことがあります。それに比べてインフォカートは、はじめから情報商材を扱うことを前提にしたシステムのため、ダウンロード販売にも対応していますし、手数料も変わりません。

各種クレジットカード以外に、ビットキャッシュと銀行振り込みにも対応しています。

現在でも、インフォカートに出品されている商品には情報商材が多いですが、他の商品(物品)も出品することができます。またインフォカートのホームページ上で公開されたくない場合は、商品を出品するときに「インフォカートでの公開」を「NO」に設定すれば、インフォカートのサイト上では公開されなくなり、自社サイトでのみ販売する形をとることができるので、正に、ショッピングカートASPとして利用できます。

インフォカートの欠点としては、商品が売れたときの手数料が若干高いことです。決済代行手数料が、クレジットカードとビットキャッシュの場合は、8.5%。銀行振り込みの場合は、5.5%で、これ以外に、取引1件につき 100円が処理料として取られます。つまり、クレジットカードで1つ商品が売れると、8.5%+100円 が手数料として引かれ、その残りが月極めで支払われる形となります。(アフィリエイト経由の場合、アフィリエイト報酬も引かれます)

薄利多売には向いていませんが、利益率の高い商品を売るのであれば、初期投資と時間を大幅に抑えることができるのでよいかと思います。
| ショッピングカート選び | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

ショッピングカートのソフトを導入
ショッピングカートをホームページに追加するもう1つの方法として、ショッピングカートのソフトを利用する方法が考えられます。

有名なのは、インクリメントPが出している以下のソフトです。

ネットショップ・オーナー
ダヴィンチ・カート

ネットショップ・オーナーでは、ホームページの作成まで支援する機能がつきますが、ショッピングカートのみということであれば、ダヴィンチ・カートで十分でしょう。

これらのショッピングカートソフトを利用する場合、最初のソフトの購入でお金がかかりますが、買い切りなので、その後月々の利用料が発生しないのが魅力です。もちろん、クレジットカード決済を導入すると、そのカード決済サービスの利用部分では料金が発生しますが、クレジットカード決済をあきらめてしまうのであれば、お金をまったくかけずにカートを維持できることになります。

インターネットショッピングでのクレジットカードの利用は5割以上という話もありますが、私の経験では3割程度でした。これは、お客様の年齢層などにもよりますし、そもそもできたばかりの小さなオンラインショップですと、直ぐには信頼してもらえないためクレジットカードの番号を教えることに躊躇する人が多いからかもしれません。
(そもそも、クレジットカードの番号は、カードの決済会社に通知されるのみで、通常ネットショップ側では情報を収集できないと思いますが)

私はクレジットカード決済ができるようになるまで、ホームページの公開を行っていませんでしたが、最初はクレジットカード決済なしで始めてみるのも、悪い選択肢ではないと今では思っています。

いずれにしても、上記のダヴィンチ・カートでは年間サポートもついて23,300円なので、ショッピングカートの導入費用としては安いと思います。

サポートなしで14,800円というものもあるようですが、安さを追求するのであれば、無料のショッピングカートソフトも結構あります。ちょっと検索しただけでも、いろいろと出てきます。

ルミーズカート
フリーカート
フリーCGI 無料ショッピングカート CGI's

特にルミーズカートは、ネットショップでもよく使われていますし、私も使ったことがありますが、よくできています。

ただ、これらのものを導入する際にはサポートも基本的にありませんし、完成度は高くても、何気にいろいろとカスタマイズが必要となりますので、ある程度のCGIやPerlの知識は必要になります。これまでにコンピュータのプログラムを作った経験があれば、なんとなくソースコードを見ながら直せるものですが、抵抗がある場合にはサポート付きの製品を利用した方がよいかもしれません。
| ショッピングカート選び | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

最新記事
カテゴリ
プロフィール
「ふくてん」と申します。
もう20年以上、サラリーマンをしています。2007年から副業としてネットビジネスをはじめ、自分で経験したことを書いています。


ご連絡:fukuten10★live.jp
(★を@に変えてください)
スパムメールや一方的な宣伝メールは拒否しています。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
PR
アーカイブ
サイト内検索


アフィリエイトツール公開!
サンプルプログラム公開!
ブログランキング
ご協力感謝します!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
人気記事 (4/29 更新・人気順)
最近のコメント
コメントありがとうございます。励みになります。
最近のトラックバック
(記載のない記事からのトラックバックは削除させていただきます)
管理
このページの先頭へ