ねっと副業奮闘日記

サラリーマンのネットビジネスでの副業。はたして成功するのでしょうか...
Amazon Fire TV でプライム・ビデオを試してみる
最近、Amazon の Fire TV Stick を買ってみました。自宅のテレビで、Amazon プライム・ビデオを手軽に見るためのデバイスです。



音楽は、iTunes などインターネットからダウンロードするのが一般的になり、書籍も、Kindle などでの配信が多くなってきました。

そして、動画配信サービスは、現在乱立状態ですが、強力なクラウド基盤と流通サービスで顧客を囲い込んでいる Amazon が生き残るのは確実でしょう。特に、Amazon の有料会員(プライム会員)の特典に動画配信サービスを組み込んでいるところは上手いです。

動画配信サービスだけだと、いくら月額料金が安くても、「そんなに見るのか?」とか「見たいものがなくなった」といった形で入会を断念したり、一度入会しても途中で解約することもあるでしょう。WOWOW なども、見るものがなくなって随分前に解約した経験があります。

しかし、動画配信だけでなく、宅配のお急ぎ便や音楽配信、Kindle オーナーライブラリーでの1冊無料サービスなど、全部含めて年間 3,900円だと、随分リーズナブルに見えてきます。

そういえば、以前「将来は、新聞・雑誌・テレビ・ラジオも無い世界に?!」という記事を書きましたが、日本ではテレビの受信機を持っているだけで、NHK の受信料を払わなければなりません。私が現在契約している衛星契約ですと、受信料は年間 24,770円 です。Amazon プライム会員の約6.4倍ですね。

近い将来、テレビを受信機能の無いモニターに買い替えて、インターネット配信のみの生活になれば、受信料からも解放されます。

その Fire TV Stick が届きました。



スマホもそうですが、最近のこの手のものは、値段の割には梱包も含めて高級感があり、よく出来ています。







スティックをテレビの HDMI 端子に付けて、USB の電源を挿すだけ。



マニュアルには、最低限のことしか書かれていませんが、Fire TV Stick が届いた頃に、Amazon から「Fire TV Stickへようこそ」というタイトルのメールが届き、そこに設置方法やよくある質問のリンクが掲載されていました。これは、ありそうで、これまでなかった取り組みのように思います。

テレビにスティックを装着して起動すると、最初に言語の設定があり、その後は、日本語の動画で使い方を説明してくれます。



Amazon のアカウントも、最初から自分のアカウントが表示されました。Fire TV を出荷する際に、紐づけているのでしょうか。







全般的に、かなり容易にセットアップが完成し、映画や音楽を楽しめるようになりましたが、1つ問題点として、テレビにノイズ(ブロックノイズ)が乗るようになりました。

検索してみると、Amazon Fire TV Stick を東芝のテレビ(レグザ)に装着すると、この問題がよく起きるようです。

アルミ箔でノイズを減らすなどの対策が書かれていましたが、私は、HDMI の延長ケーブルを使用して、テレビから Fire TV Stick を離すことにしました。短い延長ケーブルは、Fire TV Stick に含まれていましたが、これでは、あまり離せません。

電気店に行っても、長い HDMI の延長ケーブルが見つからなかったので、中継コネクタを 通常の(両方オスの) HDMI ケーブル(1.5m) に付けて延長ケーブルとしました。



これで、ブロックノイズは、なくなりました。

最後に、Amazon プライム ビデオと Fire TV の感想ですが、結構いいと思います。

ビデオも HD 画質で、大型のテレビで見ても、2560x1440 の解像度がある PC のモニターで全画面表示で見ても違和感がなく、楽しむことができます。

コンテンツの量は、そこそこですが、当分は楽しめそうです。

| 今後のトレンドを考える | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

消費税10% とアフィリエイト・Adsense の景気
9月29日に臨時国会が召集され、年末の消費税10%引き上げの判断についても争点となるようです。

アフィリエイトや Google Adsense でも、4月の消費税増税後のインパクトは結構ありました。(4月の消費増税後のアフィリエイトとアドセンスの影響を参照)

結局、今年は 3月までは調子よく、4月に急激に落ちこみ、その後少しずつ持ち直してきましたが、Adsense などは、最近になってようやく 8% の消費増税前の水準に戻った感じです。

しかし、アフィリエイトの方は、サイトによって異なりますが、全般的にまだ戻っていないですね。

これがよく言われる、「大手の給与は増えても、中小零細企業は苦しいまま」ということなのでしょう。

しかし、どうも外堀は埋まっていて、安倍総理は消費税を10%に上げざるを得ないようです。



まあ、買い物のときには、10%の方が計算しやすいですし、小銭が貯まらないというメリットはありますね。

| 今後のトレンドを考える | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

朝日新聞の謝罪会見、日本在住 反日メディアはいつまで持つのか
9月11日の夜に朝日新聞の謝罪会見がありました。



慰安婦報道にも言及「誤った報道、謝罪が遅れたこと、おわび申し上げます」 木村社長

テレビ朝日のニュースステーションでも慰安婦問題の特集が組まれ、偶然見てしまいました。

「一部分だけ、問題がありました」ということで収めたいのかもしれませんが、朝日新聞の犯した、また現在犯している罪は、こんなものではなさそうです。

最近、こんな本も読んでいます。

なぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのか
なぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのか田母神俊雄

飛鳥新社 2014-08-30
売り上げランキング : 364


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

率直に思うのは、この新聞が世の中からなくなった方が、みんなが幸せになるということです。ほとにミスリードが多すぎる危険なメディアですね。

不買運動だけでなく、名誉毀損による損害賠償訴訟も準備されているようです。

朝日新聞は、絶対に慰安婦問題を反省できない!

願いがかなうのは、そう遠い未来ではないのかもしれません。

| 今後のトレンドを考える | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |

最新記事
カテゴリ
プロフィール
「ふくてん」と申します。
もう20年以上、サラリーマンをしています。2007年から副業としてネットビジネスをはじめ、自分で経験したことを書いています。


ご連絡:fukuten10★live.jp
(★を@に変えてください)
スパムメールや一方的な宣伝メールは拒否しています。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
PR
アーカイブ
サイト内検索


アフィリエイトツール公開!
サンプルプログラム公開!
ブログランキング
ご協力感謝します!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
人気記事 (4/29 更新・人気順)
最近のコメント
コメントありがとうございます。励みになります。
最近のトラックバック
(記載のない記事からのトラックバックは削除させていただきます)
管理
このページの先頭へ