ねっと副業奮闘日記

サラリーマンのネットビジネスでの副業。はたして成功するのでしょうか...
Google アドセンス アカウント非承認 (アボセンス)
Google のアドセンスを掲載している方で、どのくらいの方が、このアカウント非承認の通知をもらっているのでしょうか。おそらく、そんなに多くはないのでしょう。しかし、「Google アドセンス アカウント非承認」とか「アボセンス」で検索すると、いろいろと出てきますね。

そういう私も、実は一度「非承認」になりました。

検索した記事を見ていると、非承認になる際に、いくつかパターンがあるようです。最初に警告が告げられるパターン、複数のサイトにアドセンスを掲載している場合、一部のサイトだけアドセンスの利用禁止が告げられるパターン、全てのページに公共広告だけが表示されるパターン(警告のメールは届いているのかもしれません)、突然非承認のメールが来て、全ての広告が止められ、アドセンスのサイトへのログインもできなくなるパターン。

私の場合、一番最後のパターンです。おそらく、一番多いパターンではないでしょうか。

とにかく突然通告されるのでビックリです。しかも、その時点で自分のサイトを見てみると、広告を掲載していた箇所が全て真っ白になっています。ページ上に、とても大きな穴ができてカッコウが悪く、通常ではない状況であることを物語ってしまいます。こうなると、アドセンスの広告収入どころか、そのような怪しいサイトで物を買ってくれる人はいませんので、メインの商品の販売にも大きな影響が出てしまいます。

ブログなどで、テンプレートにアドセンスを貼っているだけであれば、そのテンプレートを1つ編集して、アドセンスのコードを削除するだけで済みますが、ホームページの各ページに直接アドセンスのコードを貼りつけていると、この穴を埋める作業が非常に大変になります。もし、数千ものページに直接アドセンスのコードを貼りつけている場合、その被害は極めて大きくなります。

ホームページを公開する前にSSIとPHPの記事で書きましたが、ホームページを作る際は、各部品を可能な限り別々に管理するようにした方がよく、特に広告は、別のファイルにして、それを include するようにすべきでしょう。これはアドセンスだけでなく、アフィリエイトの広告でも、期限があったり、まったくクリックされない広告は別の広告に入れ替える作業が定期的に発生するので、分けて管理することが必須です。

私もアドセンスの広告を、別のファイルにしていたので、直ぐに全てのページの穴を埋めることができました。

このアドセンスのアカウント非承認の通知に限らず、Google の特徴は、明確な理由を教えてくれないことです。最近では、アカウンタビリティ(説明責任)を果たさない会社はめずらしいのですが、詳細な情報を教えてしまうと、それを悪用する人がでてきてしまうという点で、しかたのないことかもしれません。

私の場合も、「広告主に重大なリスクをもたらしていることが確認されました」という説明だけで、具体的に何が問題なのかはわかりませんでした。

しかし、最近は対策もされているようなので、かなり減ったと思いますが、「アドセンス狩り」という言葉もあり、そのサイトでアドセンスが2度と使えないように、わざと大量に広告をクリックするような行為を行う人がいるようです。そのため、毎日アドセンスのクリック数やクリック率を確認して、もし異常な状況が発生している場合は、すぐに Google に通知した方がよいと言われています。

アドセンス非承認のメールを受け取ると、そのメールの中に、非承認になった際の FAQ が書かれているサイトの URL があります。そのサイトの中に、異議を申し立てるフォームのリンクがありますので、ポリシーに違反した行為がないことと、アクセスログを解析して、アドセンス狩りと思われる不正なアクセスがある場合には、その IP アドレスなどを確認したうえで、そのフォームから申請した方がよいと思います。

その際に、何度も同じ内容で申請したり、感情的になって反論することは、デメリットはあってもメリットはないと思いますので、冷静に行動した方がよいと思います。

自分で広告をクリックするような行為や、明らかにポリシーに違反するような行為を行っていた場合は論外ですが、可能な限り問題箇所を調べて、自分に落ち度がないことを説明できれば、アカウントが再開されると思います。

私の場合は、いろいろとログを解析しましたが、不正と思われるアクセスは確認できませんでした。ポリシーについても守っていたつもりですが、ポリシーを拡大解釈して、「もしかしたらだめなのかな」と思える箇所は修正しました。
また、非承認のメールが来たタイミングから、かなり前に Google アドセンスの申し込みをブログで行い、そのブログでは審査が通りませんでしたが、そのブログでアドセンスの審査を申請したことがあることを忘れて、そのブログにアドセンスの広告を貼りつけたことが、非承認となった原因ではないかと思えました。実際、そのブログでは広告は表示されませんでしたし。

そのため、そのこともフォームに書いて申し立てをしましたが、9日後にアカウントが再開されました。アドセンスのサイトにログインしてみると、それまでの未払いの報酬もそのまま残っていました。

Google アドセンスでは、広告への不正なアクセスがないか日々チェックすることと、可能な限りログを残しておくこと、万が一、アカウント非承認の通知が来た場合には、冷静に対応することが重要なようです。

関連記事

| Google アドセンス | 02:55 | comments(3) | trackbacks(0) |

この度アカウントが停止から復帰したので、参考にさせていただいたここのサイトに書き込みさせていただきます。ある日突然意味不明にクリック数が増えたのでその時の不審な IP アドレス等の情報を取っておいたのが決め手だったっぽいです。転ばぬ先の杖ですね!!

よく罵声を浴びせるコメントだけを残す人を見かけますが、そうではなく冷静に、というのは当たっていると思います。やはり自分の大切なサイトは自分で責任持って管理するのが在り方だと再認識出来た気がします。

誤解も晴れたので、これから旨い酒でもネットで注文しようと思います。


ちなみに復旧するしないの境目は私としては

復旧する人→管理できてる人

復旧しない人→管理できてない人、もしくはトラフィック買ったりセコいことしてコケる人

なんじゃないかなーと。以上、実際に復活した私からのメッセージです。

それでは。
| haruki | 2011/01/29 8:51 PM |

コメントありがとうございます。

私も経験がないので、なんとも言えませんが、停止されているドメインを買って被害に会う可能性は確かにあるような気がしますね。その場合でも、自分に落ち度がないことを説明できれば、アカウントは再開されると思いますが。

引越し先の住所については、住所以外の情報が異なるので、大丈夫なのではないでしょうか。

いずれにしても、理由を教えてくれないことが最大の悩みですね。
| ふくてん | 2010/06/19 3:05 AM |

例えば、以前は取りづらかった独自ドメインが、blogなどの普及で、ポッと.comだけ空いていたりします。

お!と思って独自ドメインを取ってサイトを作り暫くしたら
以前ドメインを使っていた人がアボセンスなって、そのドメインを捨てていて、知らずに登録して使っていたら、停止させられたりとかありますか?

後、引越し先の住所とかた〜またまそうだったアカウントが存在していたとか・・・・?

アドセンスの突然のこういう措置も悪用といってしまえばですが、やはり、おかしいと思います。
それなりに労力や時間を過分に使って一生懸命みんな
サイトを作っているのに、さっぱり理由も分からず
というのは、おかしくないのかなと思います

復旧するしないの境目って対応で何かあるんでしょうか?
| あど | 2010/06/18 3:06 PM |













http://blog.fukugyonikki.net/trackback/1109445
最新記事
カテゴリ
プロフィール
「ふくてん」と申します。
もう20年以上、サラリーマンをしています。2007年から副業としてネットビジネスをはじめ、自分で経験したことを書いています。


ご連絡:fukuten10★live.jp
(★を@に変えてください)
スパムメールや一方的な宣伝メールは拒否しています。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
PR
アーカイブ
サイト内検索


アフィリエイトツール公開!
サンプルプログラム公開!
ブログランキング
ご協力感謝します!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
人気記事 (4/29 更新・人気順)
最近のコメント
コメントありがとうございます。励みになります。
最近のトラックバック
(記載のない記事からのトラックバックは削除させていただきます)
管理
このページの先頭へ