ねっと副業奮闘日記

サラリーマンのネットビジネスでの副業。はたして成功するのでしょうか...
Apple アフィリエイトは、強制的に提携解除となってしまいました
予想通り、多くの方が同じような記事を書いているので、この被害にあった方はかなり多いようです。
私は、このサイトのみ Apple Online Store のアフィリエイトを提携していました。届いたメールは、以下のような内容です。(要約しています)

アップルアフィリエイトネットワークの適切な管理のため、以下の条件に該当しているパートナーとの提携を解除させて頂く。

- アップル製品を取り上げていない
- アップルの広告表示が確認できない
- アップル製品の販売実績がない


ちなみに、このサイトでは、一応以下のような記事で広告を張っていましたし、ブログの右側には定期的にバナーが表示されるようになっていました。

MacBook を買いました
MacBook で Boot Camp 3.1 + Windows 7 を試す
MacBook + Boot Camp + Windows 7 で、XPモードを使う
アップルの新しい MacBook Pro と iMac 27インチ

ただ、これまで「アップルのアフィリエイトは結構厳しい!」などの記事を書いてきたので、何か規約違反で言われているのかな?とも思い、かなり低姿勢にコンタクト先にメールを書いてみました。

すると、約10日後に「アップルアフィリエイト事務局」から返信が届きました。そこには、以下のような内容(要約しています)が書かれていました。

上記の提携解除条件3項目のうち、1項目でも該当するパートナーには、メールを送っている。
しかし、意欲のあるパートナーとは、今後も提携を継続させて頂く。
貴サイトとの提携は継続とさせて頂く。


ということで、今回は解除されずに済んだと思っていました。

しかし、7月1日には強制的に提携解除となり、バリューコマースの管理画面上からも消えてしまいました!

再度、「アップルアフィリエイト事務局」にメールを送りましたが、その後は返信がありません....

更に頑張って食い下がろうかとも思いましたが、そもそも、この程度のブログに張ったところで販売実績が得られるとは思えないので(これまでも、Appleのアフィリエイトは儲けゼロです)、あきらめて、昔の記事から広告を外すことに決めました。

そういえば、ECサイト(広告主)からの強制提携解除では、昔、以下のような内容のメールをもらったこともあります(要約しています)。なお、こちらはアップルではなく、またこのサイトで提携していたECサイトでもありません。

この度、弊社方針変更により、貴サイトとのアフィリエイト提携を終了させていただく。
理由としては

・ブランディング強化と提携アフィリエイトサイトのクオリティコントロールのため
・新規顧客獲得策への注力


この告知も、かなり意味不明だったので、いまだにメールを保存しています。(提携はとっくに切れていますが)

基本的にアフィリエイトの規約により、勝手に提携を終了することは問題ないわけですが、わざわざ、その解除を告知するメールに、上記のような内容を書く必要があるのか、かなり疑問を感じました。普通に読めば、「あなたのサイトは、クオリティーが低く、自社のブランドを傷つけるので、提携を解除したい」と言われているように思えます。まあ本音は、その通りなのでしょうが(提携していたサイトは、このサイトに比べたら、まだかなりマシなサイトと自分では思っているのですが...)、たとえそれが本音であっても、わざわざそれを伝える必要があるとは思えません。または、これで、アカウンタビリティ(説明責任)を果たしたと思っているのでしょうか....

以前紹介した、「本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ」という本に、「ASPは、アフィリエイターをビジネスパートナーとは思っていない」という話が出てきます。しかし、ECサイト(広告主)もまた、アフィリエイターをパートナーとは思っていないのでしょう。そして、実は多くのアフィリエイター自身も、自分がECサイトのパートナーとは思っていないのだと思います。なぜなら、儲かっていないから。

ある程度でも、その広告主から定期的にお金をもらっているのであれば、販売パートナーだと認識するかもしれませんが、ほとんど収入ゼロの状態で、パートナーだと自覚することは難しいと思います。(逆に、自覚していないから、いつまでたっても儲からないのでしょうが)

特に、ブログの場合、アフィリエイトのイメージバナーを横に張ったくらいでは、まったく効果がないことは、始めて直ぐにわかると思います。
それでもバナーを張っている人は、サイトのアクセントであったり、自己アフィリ用であったり、ボランティアでの広告主への応援なのかもしれません。いずれにしても、その会社や製品が好きで、ファンであったり、その会社の製品をよく購入している「お得意様」なのではないかと思います。

また、アップル・アフィリエイトの話に戻りますが、今回の一方的な提携解除は、「アップル製品の販売実績がない」という項目に該当して解除となった人が結構多いのではないかと思います。そのようなアップル製品について記事を書いていて、しかもアフィリエイトのガイドラインが厳しいのに(アップルのアフィリエイトは結構厳しい!参照)、それでもアップルの広告をサイトに張っていて、しかし販売実績が無かったという人の多くは、かなりの確率でアップルのファンだったのではないでしょうか。しかも、口コミ効果が期待できる「インフルエンサー」かもしれません。

アップルは、昔からファンによって支えられてきた会社です。いまでも、iPodは市場を独占しているのかもしれませんが、好調な iMac でも、日本でのシェアは 5%くらいと言われます。95% が Windows の世の中で、Mac OS を使い続けることは容易ではありません。現に私のような「にわかファン」は、耐えることができず、Windows に変えてしまいました (MacBook で Boot Camp 3.1 + Windows 7 を試すを参照)。それでも、Mac OS を使い続けている人は、きっと Mac や Apple が大好きなのでしょう。私には、それ以外の理由が見つかりません。

しかし、アップルは、ファンに優しい会社かというと、そうでもないかもしれません。「「嘘」はやがて「真実」に変わる (boot camp と Apple)」で書きましたが、BootCamp の出荷時期は約束を守らず、また、それについての謝罪もなかったと記憶しています。

そして、今度は、一方的な提携解除。その前にも、iPad はアフィリエイト禁止や、MacBook Pro もしばらく対象外など、一方的な都合ばかり。

そういえば、以前「大人げない大人になれ!」という本を読みました。

大人げない大人になれ!
成毛 眞 ダイヤモンド社 売り上げランキング: 4864

この本の中に、「大人げない会社」として、昔のマイクロソフトや今のグーグルが紹介されていますが、アップルも、そのような大人げない会社の1つなのだと、しみじみ思ってしまいました。ちなみに、この本では、イノベーションを起こすのに「大人げなさ」が必要であることが書かれています。

いずれにしても、アフィリエイトをやるとブランドイメージが悪くなると広告主が思うほど、アフィリエイトに対しての世の中の認識が悪くなってきていることは問題ですね。

関連記事

| アフィリエイトで稼ぐ | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |













トラックバック機能は終了しました。
最新記事
カテゴリ
プロフィール
「ふくてん」と申します。
もう20年以上、サラリーマンをしています。2007年から副業としてネットビジネスをはじめ、自分で経験したことを書いています。


ご連絡:fukuten10★live.jp
(★を@に変えてください)
スパムメールや一方的な宣伝メールは拒否しています。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
PR
アーカイブ
サイト内検索


アフィリエイトツール公開!
サンプルプログラム公開!
ブログランキング
ご協力感謝します!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
人気記事 (4/29 更新・人気順)
最近のコメント
コメントありがとうございます。励みになります。
最近のトラックバック
(記載のない記事からのトラックバックは削除させていただきます)
管理
このページの先頭へ