ねっと副業奮闘日記

サラリーマンのネットビジネスでの副業。はたして成功するのでしょうか...
VAIO S(SA) シリーズと Z シリーズの比較
今年(2011年)の夏は、結果的に VAIO S(SA) と VAIO Z を買ったことになります。

しかも、構成(カスタマイズ)は違いますが、購入金額は VAIO SA、VAIO Z 共に 179,800 円でした。

それぞれの構成については、「VAIO 2011年夏モデル S(SA)シリーズを買ってからの後悔」「2011年 VAIO Zシリーズのお勧めカスタマイズ」で掲載していますが、ここで改めて載せておきます(クリックすると拡大します)。

VAIO SA の構成:


VAIO Z の構成:


VAIO SA も VAIO Z も、軽いモバイルPC として魅力的な商品です。(それぞれの詳細は、ソニーのVAIO S(SA)シリーズVAIO Zシリーズのページをご覧ください)。

この2つの VAIO を比較してみました。

まず、VAIO SA と Z を並べた写真です。左が、VAIO SA、右が VAIO Z です。





どちらも「ブラック」を購入しており、普通に見ると、確かにどちらも「ブラック」ですが、このように並べて、カメラのフラッシュをたいて撮影すると、随分色が違うことがわかります。VAIO Z は、少し青色を帯びた黒のようです。

次に、重ねて撮影した写真です。



横幅は、ほとんど同じですが、奥行きは、VAIO Z の方が短いです。

横から見た写真。



VAIO Z の方が薄いですが、VAIO SA も結構頑張っていると思います。USBのコネクタは、SA の方が1つ多いですね。

何気に気になるのは、このACアダプターの大きさです。



左が、VAIO Z のACアダプター、右が VAIO SA のものです。VAIO Z の方が、小さく軽いです。一緒に持ち歩くと、この違いは結構大きいかもしれません。

蓋を開けたところです。



ソニー VAIO Z が届きました」で書きましたが、デザインは似ていても、キーボードやタッチパットの感触は結構違います。好みの問題なので、どちらが優れているという話ではありませんが、どちらも違和感なく使うことができます。

あと、大きな違いと思えるのが、Windows や Intel のシールが張られている場所です。

VAIO SA では、ちょうど手を置くところにシールがあり邪魔でしたが、VAIO Z では、シールが上側に移動しています。VAIO Z の方がいいですが、できればシールが一切無い方が、もっといいですね。

また、キーボードのバックライト機能をどちらも搭載しましたが、VAIO SA の方が光り方が鮮やかです。VAIO Z の方は、結構控えめに光ります。これも、好みの問題ですが。

CPU は、VAIO Z で少しスペックが低いものを選択しましたが、体感的な動作は十分速いです。

あとは、本体に DVD/BD ドライブが付いているかどうかの違いになりますが、どちらの機種も、悪くない選択だと思います。

関連記事

| PC を選ぶ | 03:16 | comments(1) | trackbacks(0) |

VaioZ、素晴らしいデザインですね。
デザインは歴代Vaio最高ですね...


どちらも評判が高い機種ですが、
私は待てずにVaioSBのアウトレットを買ってしまいました...

新型のZはキーボードがかなり特殊(ストローク、右下の⇔キー)と言われる事があるみたいですが、Sとのキーボードのうち心地の比較など、機会がありましたらして頂けると嬉しいです。

| 熊雄 | 2011/08/19 8:43 PM |













http://blog.fukugyonikki.net/trackback/1299095
最新記事
カテゴリ
プロフィール
「ふくてん」と申します。
もう20年以上、サラリーマンをしています。2007年から副業としてネットビジネスをはじめ、自分で経験したことを書いています。


ご連絡:fukuten10★live.jp
(★を@に変えてください)
スパムメールや一方的な宣伝メールは拒否しています。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
PR
アーカイブ
サイト内検索


アフィリエイトツール公開!
サンプルプログラム公開!
ブログランキング
ご協力感謝します!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
人気記事 (4/29 更新・人気順)
最近のコメント
コメントありがとうございます。励みになります。
最近のトラックバック
(記載のない記事からのトラックバックは削除させていただきます)
管理
このページの先頭へ