ねっと副業奮闘日記

サラリーマンのネットビジネスでの副業。はたして成功するのでしょうか...
三菱東京UFJ銀行からの詐欺メールが遂に来た!
私が管理しているサイトのいくつかでは連絡先のメールアドレスを公開しており、もちろん特定電子メール法に基づき迷惑メールをお断するメッセージも掲載していますが、それでも、毎日それなりの数の迷惑メールを受信しています。

迷惑メールを受け取ると、片っ端から日本データ通信協会や、迷惑メールのフィルタリング会社の窓口に投げると共に、メールヘッダーから最終的にそのメールが送信されたサーバーを特定して、そのサーバーを管理している会社に報告しています。

しかし、昨日久しぶりに、明らかに詐欺と思われるメールを受け取り、ある意味感動しました。

「三菱東京UFJ銀行」を名乗る詐欺メールです。

かなりばらまかれているようで、当の三菱東京UFJ銀行のホームページにも注意喚起のページがありました。

インターネットバンキングのパスワード等を騙し取る不審な電子メールにご注意ください(平成26年1月6日更新)

メールの内容は、以下の通りです。

===================

From: 【三菱東京UFJ銀行】
Sent: Sunday, January 5, 2014 11:59 PM
To: XXXXXXXXXXX
Subject: 「三菱東京UFJ銀行」本人認証サービス

こんにちは!
最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。
お客様のアカウントの安全性を保つために、「三菱東京UFJ銀行システム」がアップグレードされましたが、お客様はアカウントが凍結されないように直ちにご登録のうえご確認ください。

以下のページより登録を続けてください。

https:XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX


――Copyright(C)2014 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――

===================

私は、同じ内容のメールを2つ受信し、1つは bk@mufg.jp から、もう1つは yahoo.co.kr からでした。

bk@mufg.jp の方は、ヘッダーを見ると 218.36.67.80 から送信されているので、韓国の HINETWORKS のサーバーから送られたようです。

yahoo.co.kr の方は、本当に韓国の Yahoo のメールアカウントから送られたものかもしれません。

いずれにしても、メールの内容を見ると、日本人ではなさそうですね。

ここまであからさまに銀行の名前を使われているわけですから、三菱東京UFJ銀行は、ホームページでの注意喚起だけでなく、犯人を見つけてもらいたいものです。


関連記事

| 変なメールの数々 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |













http://blog.fukugyonikki.net/trackback/1299220
最新記事
カテゴリ
プロフィール
「ふくてん」と申します。
もう20年以上、サラリーマンをしています。2007年から副業としてネットビジネスをはじめ、自分で経験したことを書いています。


ご連絡:fukuten10★live.jp
(★を@に変えてください)
スパムメールや一方的な宣伝メールは拒否しています。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
PR
アーカイブ
サイト内検索


アフィリエイトツール公開!
サンプルプログラム公開!
ブログランキング
ご協力感謝します!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
人気記事 (4/29 更新・人気順)
最近のコメント
コメントありがとうございます。励みになります。
最近のトラックバック
(記載のない記事からのトラックバックは削除させていただきます)
管理
このページの先頭へ