ねっと副業奮闘日記

サラリーマンのネットビジネスでの副業。はたして成功するのでしょうか...
ふるさと納税の特典(特産品)は届くのが遅い
以前、今年最後の節税対策は「ふるさと納税」で!の記事で書いた「ふるさと納税」ですが、結局6個の自治体に寄付をしました。

全て特典として「特産品」が届く自治体ばかりです。「ふるさと」とは言っても、自分が生まれた故郷の自治体は何も特産品が貰えないので、寄付していません。

さすがに自分の故郷については、たとえ「特産品」がなくても、何か「いい使い道」があればと思ったのですが、「安全なまちづくり」とか漠然とした「使い道」しかないので、いっきに冷めてしまいました。

やはり、自治体といえども「マーケティング力」は必要だと思います。

「高齢者の生きがい」とか謳っている自治体が結構ありますが、今の高齢者は、年金でも最も得をしている人達で、なおかつ最も裕福な人達です。以下のサイトなども見てみましょう。

高年齢者重視の社会は「ブラック社会」ではないのか (外部サイト)

「弱者」ではなく、最強の「強者」です。その人達に、更に寄付しろって言われてもピンときません。

まあ、田舎は年寄ばかりで自治体も苦しいというはわかりますが、将来を見据えて、全て「子育て支援」に使うくらいのメッセージの方が賛同しやすいと思います。更には、その使い道を可能な限り具体的にしてもらいたいですね。具体的な施設や事業計画など。

そのような具体的な施策を提案できないのであれば、「特産品」でアピールするべきだと思います。「特産品」を付けることで、Win-Win の関係になるので、ハードルがかなり低くなります。

で、実際「ふるさと納税」をやってみた後の感想ですが、全般的にどの自治体も作業が遅いです。正に、「お役所仕事」です。

12月中旬に6自治体に「ふるさと納税」をしましたが、現時点で、特産品が届いているのは3自治体です。

一番早かったのは、愛知県小牧市の名古屋コーチンです。



ここは、一番最後に申し込んだのに、一番早く届きました。名古屋コーチン、美味しく頂きました。

次は、山形県庄内町のお米「つや姫」です。



米の特産品は、非常に強力ですね。なんといっても、日本人の主食なので。

そして、最近届いたのが、福岡県の「きのこセット」です。



鍋にして頂きました。

特産品によっては時期がありますので、直ぐに発送はできないのでしょうが、しかし、お客?(納税者)と期待値を合わせるためのコミュニケーションが全般的に不足しているように思います。

自治体から見たら「寄付」なのかもしれませんが、「特産品」を期待している納税者から見れば「ショッピング」感覚なのです。


関連記事

| 税金・節税 | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) |













http://blog.fukugyonikki.net/trackback/1299230
最新記事
カテゴリ
プロフィール
「ふくてん」と申します。
もう20年以上、サラリーマンをしています。2007年から副業としてネットビジネスをはじめ、自分で経験したことを書いています。


ご連絡:fukuten10★live.jp
(★を@に変えてください)
スパムメールや一方的な宣伝メールは拒否しています。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
PR
アーカイブ
サイト内検索


アフィリエイトツール公開!
サンプルプログラム公開!
ブログランキング
ご協力感謝します!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
人気記事 (4/29 更新・人気順)
最近のコメント
コメントありがとうございます。励みになります。
最近のトラックバック
(記載のない記事からのトラックバックは削除させていただきます)
管理
このページの先頭へ